『404 not found』とは…?

0
96

ネットでなにか探し物を検索した際に、

404 not found
お探しのページは見つかりませんでした』など表示される時ってありますよね。

自分もこの表示を見た際、エラーかな〜くらいで「404」自体の意味は知りませんでした。
ではこの「404」の番号の意味は何か。を今回の記事で紹介できたらと思います。


この番号を「HTTPステータスコード」と呼びます。
処理にエラーが発生した際、エラーの種類や内容を表した番号のことを言います。

各エラーコード(番号)の意味を下記に記載していきます。



WEBブラウザからのリクエストが
成功しなかった時に出てくるエラーコード


401 Unauthorized

WEBサイトにアクセスするにはIDやパスワードが必要なことが分かります。


403 Forbidden

クライアントがアクセス制限などを設定している場合に返されます。
アクセス権がないとみることができないWEBサイトです。


404 Not Found

ページが存在しない場合やページを削除したり、
ホームページをリニューアルした時などに表示されることが多いです。




サーバーがWEBブラウザからのリクエスト処理に
失敗した時に出てくるエラーコード


500 Internal Server Error

サーバー側に以上が発生したりやプログラムにミスがあった場合などで返されるコードです。

503 Service Unavailable

サーバーへのアクセス数の制限を超えてしまって、
サーバーに負荷がかかっている場合などに返されます。
同時刻にサーバーへのアクセスが大量に集まった際などに表示されます。
時間をおいてからキャッシュをクリアして再度アクセスしてみてください。


504 Gateway Timeout

サーバー同士の通信エラー。
制限時間内にゲートウェイ・プロキシサーバが処理できなかった場合に返されます。



他にもあまり見かけないエラーコードもあったりするので
もっと知りたいという方は下記URLを参考にしてください🍀
https://docs.oracle.com/cd/E21398_01/doc.651/b61012/result_codes.htm