Apple Silicon Macって強いの?

0
171

先日、発表された新しいMacの搭載CPUであるM1。なにがいままでと違うのでしょうか。

現行のMacは基本的にインテル製のCPUを搭載しています。それもあってBootcampではWindowsがそのまま起動できたりしたんですね。
それに引き換えApple Siliconと呼ばれるCPUは何が違うのか。Apple SiliconはARMというSBが買収したことで有名なCPU設計会社の技術で新しく、かつ専用に作られたCPUなんですね。なので命令セットといって、内部の制御の仕組みが最適化されているのが特徴です。iPhoneやiPadのCPUと全くではないですが同じ方向性の仕組みで作られているんです。なのでパソコンのMacでもiPhoneアプリが動かせたりするんですよ。

もちろん、そのまますぐにということではなく一応仕様にそった手はずは必要なのですが、まあソフトウェア制作側としてはかなり楽ですよね。いろいろデバイス向けにわけて開発しなくともおおよそ同じものが動くんですから。それに加えて、無駄のない設計のおかげで処理がバツグンに速い!現行Mac Book Proのいい感じモデルなんかよりも速いみたいで、ソフトウェアも最適化されたらもうとんでもないですね。しばらくは。

Apple的には自分のところで好きに作ることができるので、外部要因に左右されにくいというメリットもあります。なんでも抱え込めばいいってものでもないんですが、それはそれでやりやすさもあるわけです。

ということで、じわじわと大手も対応をはじめています。

M1 Mac対応Apple Siliconバイナリ版「Office for Mac」ベータ公開

Apple Silicon MacのM1ベンチマーク M1 MacはIntel Core i9のMacBook Pro 16インチと同等