Laravel8 Release

0
437
laravel8

Laravel 8 がリリースされました。
リリースノートはこちら

LTSではないので業務ではまだまだLaravel 6にお世話になりそうですが、
せっかくなのでちょっと触ってみました。
以前投稿した記事と同様、Laradockで構築していざLaravelインストール。

Creating a “laravel/laravel” project at “./”
Installing laravel/laravel (v8.0.1)
Installing laravel/laravel (v8.0.1): Downloading (100%)
Created project in /var/www/./

おぉ、v8.0.1になってます。インストールが終わったらlocalhostにアクセス。

デフォルト画面が表示されました。

Laravel Jetstream

Laravel 8 continues the improvements made in Laravel 7.x by introducing Laravel Jetstream, model factory classes, migration squashing, job batching, improved rate limiting, queue improvements, dynamic Blade components, Tailwind pagination views, time testing helpers, improvements to artisan serve, event listener improvements, and a variety of other bug fixes and usability improvements.

https://laravel.com/docs/8.x/releases#laravel-8

色々改善されているようですが、とりあえず一番初めに紹介されている『Laravel Jetstream』を見てみようと思います。

Jetstream provides the perfect starting point for your next project and includes login, registration, email verification, two-factor authentication, session management, API support via Laravel Sanctum, and optional team management.

https://laravel.com/docs/8.x/releases#laravel-8

ログイン機能や登録機能が設置できるようです。
以下のサイトを参考にしながら作業を進めていきたいと思います。
=Laravel Jetstream=
Github : https://github.com/laravel/jetstream
ドキュメント : https://jetstream.laravel.com

Laravel Jetstreamは初期パッケージではなく、追加しないといけない模様。
laravel/installer経由でLaravel本体をインストールする場合「–jet」をつければOK。
私は「Composer Create-Project」を使っているので、

$ composer require laravel/jetstream

でインストール。その場合には、

$ php artisan jetstream:install livewire
または
$ php artisan jetstream:install inertia

2つの違いがきちんと理解できているわけではないので、ここは要勉強。
とりあえず、livewireはちょっと調べたことがあったので、今回は「livewire」で。

$ php artisan jetstream:install livewire
Livewire scaffolding installed successfully.
Please execute the "npm install && npm run dev" command to build your assets.
$ npm install && npm run dev
$ php artisan migrate

はい、エラー。mysqlの接続設定を忘れてました。.envの設定をして再度migrate。
でloginにアクセス。

ユーザー作成を忘れていたのでユーザーを新規作成しログイン。

おぉ。ちょっと感動。
プロフィールページがあったり、APIトークンの作成画面があったりと他にも気になるところがあるので、引き続き調査してみようと思います。

その他

『Laravel 8』へのバージョンアップで、モデルのディレクトリ構造が変わったりと他にも色々変更点があるみたいです。
Jetstreamのところでもlivewire(+TailwindCSS)やinertiaなどもありますし勉強せねばなぁと改めて実感しました。