MTのプラグインについて

Date:

Share post:

またまたMT(Movable Type)の案件で遭遇した事象を備忘で残しておこうと思います。

MTのプラグインを入れ直そうとして、用心のためプラグインディレクトリのBackup(サーバ側でディレクトリのリネーム)を行いました。
新しいプラグインディレクトリをコピーしたのち、mt.cgiにアクセスしました。
順調にDBのアップグレードも終わり、インストール完了・・・まではよかったのですが、管理画面の記事編集画面を確認したところ、そのプラグインウィジェットがなぜか2つ表示されていました。

なんかやってしまったかと思い、DBのプラグインの情報を見ても問題はなさそう。

重複するものって・・・と思い返したところ、「そういえばプラグインディレクトリをBackupしていたよな〜。」と思い出し、退避したプラグインディレクトリを削除したところ、無事に1つになりました。

MTのプラグインはディレクトリをリネームしてもプラグインIDがmt_plugindataにそのまま残ってしまうために認識されてしまうようで、そのためウィジェットが2つ表示してしまっていたようです。

日頃からBackupは大事大事と思っていましたが、このようなケースもあるのですね、と思った一件でした。

Related articles

Laravel:mockとexec

昨今mockの話が続いていますが、今...

Laravel:mockにおける引数と戻り値の関係...

遅まきながら新年明けましておめでとう...

Laravel:8.xのルーティング

前回の記事でLaravelに関しては...

Laravel:テストにおける認証の罠

昨今、ちょいちょい引っ掛かったネタな...