Photoshopの便利機能:空の置き換え

0
150

フォトショップも2021になってしばらく経ちました。
毎年色々な機能がリリースされて行くadobe製品。
今回の2021へのアップデートでも様々な機能が追加されましたが、
その中の注目機能の一つといえば「空の置き換え」

なんと、自動で画像にマスク・空の画像を追加し好みの空模様に置き換えてくれちゃうのです!

「空が曇り気味なので晴天にしてください」
「夕方の写真だけど朝っぽくしたい」

こういった要望をいただくこと、経験ある方は多いんじゃないでしょうか。
理想通りの写真が手に入らないなんて事はざらにありますので、
そんな時はフォトショップの合成の力の発揮時ではあるのですが…やはりそれなりに工数がかかります。

しかしこの機能を使えば、その時間を一気に削減できる可能性が。

空と建物をマスクで分離して色調やコントラスト・明度をちまちま手動調整しなくても
Adobe Sensei の力によって一瞬で作業完了できる…素晴らしいですね。

というわけで、実際にその力を試してみました。

調整するのは下記の画像です。

使用方法は簡単。
フォトショップを開いたら、
編集>空を置き換え>
すると出てくる調整ウィンドウで変化させたい空の色を選択します。

明度や色温度、前景にかかる照明やカラーなど細かい調整ができますので、自分の理想に合わせて
微調整します。

そしてOKを押せば…

一気に作業完了です。

青空が一瞬で夕焼けに…!素晴らしい!

少々気になるところなどがあれば、空を調整する上で作られた
マスクや補正は維持されまとめてレイヤーで出力されていますので、
それを使って手動で後から微調整も可能です。なんて便利なのでしょう。
(統合されたレイヤーでの書き出しも可能です)

そうして整えた画像がこちら。

画像の解像度や複雑さによっては仕上がりに差が出ることもあるかと思いますが、
場合によってはかなり役立つ機能になり得るのではないでしょうか。

必要に応じて積極的に取り入れていきたい時短機能です!
空の修正でお困りの方は、ぜひ活用してみてください。