vagrantでUbuntu 20.04LTSにWebmin+Virtualmin その1

Date:

Share post:

CentOS7がもう数年するとサポートが終了してしまうという話を聞き、代替のディストリビューションを考えていかないといけない話が上がっています。

一担当者としても、他のディストリビューションにも慣れておいた方がいいと思いまして、今回vagrant環境で、Ubuntu 20.04 LTSを使用し、Webmin + Virtualminをインストールするところまでを備忘を兼ねて実施し、書きます。

まずは、vagrant boxですが、今回はvagrant cloudにある

ubuntu/focal64

を使用します。

どこかディレクトリを決めたら、

vagrant init ubuntu/focal64

でVagrantfileを作成します。

作成されたVagrantfileを修正して

vagrant up

で起動します。

ここで第1の私のつまづきポイントです。CentOSの時は、rootのパスワードがデフォルトで設定されていたのですが、ubuntuの時は設定されていませんでした。そのため、

sudo passwd root

で設定しました。

設定後にsuでrootに変わった後、webminをインストールします。

ここで(CentOSの時と勝手が違ったので・・・)第2のつまづきポイント。

まずは以下のコマンドでGPGキーをインポートし、PPA(Personal Package Archive)を有効化します。

curl https://download.webmin.com/jcameron-key.asc | sudo apt-key add –

echo “deb https://download.webmin.com/download/repository sarge contrib” | tee > /etc/apt/sources.list.d/webmin.list

準備ができたら、

sudo apt update

sudo apt install webmin

でwebminをインストールします。

インストールできたら、webminにログインしてみましょう。

webminのインストールまでができました。

続きは後日・・・。

Related articles

パーツを追加してみよう!

前回は作成したデザインテンプレートの...

パーツを編集してみよう!!

前回はsakutto lpでテンプレ...

Laravel: fakerのuniqueメソッド...

テストを行う際にfakerの使用は必...

テンプレートデザインを使ってランディングページを作...

ユーザー登録が完了したら、まずはデザ...