WebブラウザとWebサーバー間のやりとり

0
248

私たちはスマートフォンやパソコンを利用してさまざまなWEBサイトにアクセスをして情報収集、または発信を行っています。そこで、WEBブラウザがどのような仕組みでWEBサーバーとやりとりをしているのか、みていきたいと思います。


HTTPとは

参考:HTTPの仕組み(クライアント/サーバー)

 普段私たちがWebサイトを閲覧する際は、スマートフォンやパソコンに搭載されているWebブラウザを起動し、Webブラウザのアドレス欄に閲覧したいWebサイトのURLを直接入力等で行っているかと思います。Webサイトの閲覧は、WebブラウザがWebサーバーに要求(リクエスト)を送り、Webサーバーはその要求に対して応答(レスポンス)を返すといった単純なやりとりによって実現しています。

 このやりとりや手順や内容を決めているのがHTTP(Hyper Text Transfer Protocol)です。HTTPはクライアント(Webブラウザ)とサーバー(Webサーバー)間においてWebコンテンツを送受信するためのプロトコル(ルール)。


クライアントとサーバー間のやりとり

Webサイトを閲覧する際は、大きく分けて5つのステップで行われます。

  1. Webブラウザのアドレス欄にURLを入力、あるいはWebサイト内のリンクをクリック。
  2. URLやリンク情報に基づいてWebサーバーに対してデータを要求。
  3. Webブラウザより受け取ったWebサーバーは要求内容を解析。
  4. 解析結果より、要求されたデータをWebブラウザへと応答。
  5. WebブラウザはWebサーバーより受け取ったデータを解析し、Webページへと表示。

 2と4のステップがWebコンテンツの送受信の部分であり、この際にHTTPが利用されることになります。HTTPはあくまでもデータのやりとり(要求と応答)のみを取り決めており、Webサイトを閲覧する際はHTTPだけではなく、TCP、IPといったさまざまなプロトコルを組み合わせて利用しています。


補足

プロトコルとは

 ネットワークに接続された機器同士が通信をするときの、あらかじめ決められたルールや手順のこと。お互いに同じプロトコルを使用することにより、データのやりとりが可能となる。

TCP/IPとは

 Transmission Control Protocol / Internet Protocolの略で、インターネットにおけるさまざまなサービスを実現するためのプロトコル。

 インターネットへのアクセスが可能なスマートフォンやパソコン、サーバーといったコンピューターはすべてTCP/IPに対応しています。一昔前まではコンピューターに搭載されるOSや機種ごとに独自のプロトコルが利用されていたため、同じ機器同士でないとお互いに接続できませんでした。インターネットの普及に伴い、お互いに接続するためのプロトコルとしてTCP/IPがインターネットにおける標準として広く利用されるようになりました。

用途に応じたさまざまなプロトコル

  • HTTP(Hyper Text Transfer Protocol) ・・・ WebブラウザとWebサーバーの間でデータのやりとりをするときに使用するプロトコル。
  • FTP(File Transfer Protocol)      ・・・ コンピューター間でファイルをやりとりするときに使用する、ファイル送受信用のプロトコル。
  • SMTP(Simple Mail Transfer Protocol) ・・・ 電子メールを送信するときに使用する、メール送信用のプロトコル。
  • POP(Post Office Protocol)       ・・・ ユーザーがメールサーバーから自分のメールを取り出すときに使用する、メール受信用のプロトコル。